2015年9月9日に、美容液があのDHCから新しく発売されてます。
「DHC リバイタライジング ブースターセラム」は、エイジングケアに嬉しい画期的な美容液。

先日、「DHC リバイタライジング ブースターセラム」発売日前、お披露目会であるローンチパーティへ出席する機会がありました。

会場は、青山迎賓館。
新製品のレイアウトもインパクトがありました。
DHCさんの製品に対する意気込み、愛情が伝わってくるようです。

会場の中庭にある、プールをバックに、シャンパングラスに高くレイアウトされた演出。

テーブルにつくと、給仕の方が、運んできた飲み物も、藍色!
このハーブティは、結構話題になったものですね。癒し効果があります。
気になる味は、普通のハーブティと同じ。飲みやすいタイプのです。すっぱくも苦くもありません。

いよいよ、パーティが始まります。

「DHCリバイタライジング ブースターセラム」の大きな特徴。
その成分の一つ、ナノキューブは、聖マリアンナ医科大学とナノエッグ社が共同開発した成分です。
ナノキューブをお肌へ塗布、約15分間、角質内部にとどまり、トンネルの役割を発揮するとか。

ブーストと、いうのは、コスメでたまに、耳にします。
トンネルという意味だということです。
お肌に、いつもの栄養が、このトンネルを通し、奥まで届きやすい、というのが特徴。

実際に、お披露目会場で、DHC美容部員の方に、つけて頂きました。
その動画がコチラ↓

しっとり、肌がもちもちしてきた感じがします。
ちょっと、肌の色が明るくなったのは、気のせいでしょうか?

奥へどうぞ、と案内され、広間を通りかかりました。
そこには、なんと!
この、光景が、繰り広げられていました。

いったい、なん本のDHCリバイタライジング ブースターセラムが、並べてあるんだろう!
写真も、思わず何度も撮影してしまいました。

ソフトドリンク、アルコールドリンク、ともに、ブルー、ターコイズブルー、藍色と、製品と同系色で統一。

キラキラ青く輝き、グラスの中の藍色と、南の海を思わせるブルーのグラデーションは、みているだけで惹きつけれます。
さすがな演出です。

家に帰って、さっそく試してみました。
帰宅途中、気になってたまらなかったことがあります。
「気のせいではなく、いつもよりツッパリ感が少ない」

じっくり、見ると、テクスチャーはこんな感じ。
ワンプッシュ、ゲル状だけど、体温で、サラサラしてきます。
指の腹で、くるくると、なじませます。

すーっと、しみこんでゆきます。
超敏感肌の私でも、使えた、というのが、何よりうれしい。
DHCは、もともと、100%バージンオリーブオイルなどあるので、安心感あります。

美容部員さん「15分間の間に、いつも使っている乳液、クリームを塗布してくださいね」
そこで、私は、皮膚科からもらっているヒルドイドローションを塗布しました。
塗布後、ブースター美容液を使った時の方の、うるおい継続時間が、とても長かった。ホント。

全成分はコチラ↓

続けられるかどうか、コストパフォーマンスにあり!

お値段税別で、¥3700!

ブースター美容液は、この価格はありえないかも。

ご購入・詳細はコチラから↓